スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

【翻訳記事】欧州移籍ベスト10に長友、宮市ら【海外の反応】


Goal.comの記事
"From Koo Ja-Cheol to Yuto Nagatomo - Europe's 10 best transfers from Asia of the season 2010-11"とそれに付けられたコメントを、翻訳しました。


今回はいつにも増して、要約に近いような意訳をしている箇所もございます。多分に含まれる誤訳にも注意して下さい。何かあればコメント欄からお願いします。
そして、当記事をリクエストして下さった方、ありがとうございました。また、何か面白そうなテーマが御座いましたら、ご連絡お待ちしております。


2010-2011シーズン アジアからの欧州移籍ベスト10
「具滋哲から長友まで」
2010-2011シーズンも佳境に差し掛かったところで、
アジア-欧州間移籍のベスト10を発表。


2011年はアジアカップで日本がその実力を見せつけて王者に返り咲くなど、アジアにとってのビックイヤーとなった。

カタールで開催されたこの大会では、数多くの将来性豊かなスーパースターが発掘され、一部のクラブは獲得競争となる前に、先見の明を持って選手を獲得したが、その一方では、印象的だった選手との契約に急いで駆け込む様子も見られた。

Goal.comのリストはオーストラリア人選手1人を除いて、東アジアに集中したが、これはおそらく、東アジアの近年のレベルの高さが反映した結果だろう。アリ・カリミがアジアの顔として、欧州で最も有名だったのは遠い昔の出来事となってしまった。

以下の項目を基準にベスト10を決定した。
・総合的な貢献度(重要)
・どれだけチームにフィットしたか
・いかに早くチーム・環境に溶け込んだか(その逆も)
・移籍金、その他の金銭取引について(移籍金不明の場合はそう明記)


10位 ミチェル・ランゲラク(出場:1 失点:1)
ドルトムント ← メルボルンビクトリー 65万ユーロ
将来のオーストラリアの守護神を65万ユーロで買えたことは、バーゲンだったと言っても良いだろう。とは言え、出場機会は1試合のみ。バイエルン戦で素晴らしいパフォーマンスを見せた彼の将来は明るいと言える。



9位 具滋哲(出場:9 得点:0 アシスト:1)
ヴォルフスブルグ ← 済州ユナイテッド - 200万ユーロ
途中交代や途中出場が多いが、10位のランゲラクと同様、将来性に対しての投資の側面がある。この22歳はアジアカップでは得点王となり、卓越したパフォーマンスを見せた。素晴らしい視野、鋭いパス、献身的で疲れ知らずな動き、裏への飛び出しなどをカタールで証明した。

8位 奇誠庸(出場:20 ゴール:3 アシスト:2)
セルティック ← FCソウル - 210万ユーロ
正確には今シーズンからの移籍ではないが、今年になって初めて年間を通しての活躍を見せた。10月に月間優秀新人に選ばれてからは、フィジカルの要求される厳しいリーグによく適応している。



7位 家長昭博(出場:9 ゴール:1 アシスト:0)
マジョルカ ← セレッソ大阪 - 記載なし
あまり知られず移籍した彼は、静かにリーガでの活動を始めた。出番もあまり多くはないが、セビージャ戦のゴールのあたりから、厳しいスペインのサッカーに適応し始めているように見える。思いもよらぬプレーを見せる彼は、24歳と選手としても成熟期にあり、彼こそ日本がスペインで成功する最高のチャンスのようだ。


6位 安田理大(出場:12 ゴール:0 アシスト:4)
フィテッセ ← ガンバ大阪 - 記載なし
安田は現在最も印象的な選手の一人である。DFとしての安定感は改善されないが、その攻撃力は魅力的だ。フィテッセは「ライン川のハリウッド」と称されるほど、安定しないことで有名なチームだが、エールディヴィジで良いスタートを切ったこの23歳の安田は、自身の将来を明るいものにしている。


5位 孫興民(出場:10 ゴール:3 アシスト:0)
ハンブルグ 学生からの契約
技術的な評価をされて獲得されたわけではないが、ハンブルグは孫に対して先見の明があり、彼のプレシーズンでの活躍はブンデスリーガにおいても光っていた。一軍を外れてから目を覚ましたのか、ドイツの至宝ベッケンバウワー氏からも称賛を受けるなど、アジア・欧州の未来のスターとして、頭角を現している。


4位 宮市亮(出場:10 ゴール:3 アシスト:2)
フェイエノールト ← アーセナル - レンタル

彼は、不振にあえぐオランダの巨人フェイエノールトからMOMでデビューを飾り、その輝かしいパフォーマンスで降格の危機からチームを救った。


デビュー後には小さな壁にぶつかっていたようだが、ウィレムⅡ戦での2得点2アシストの活躍で息を吹き返す。フェイエノールトの救世主がレンタルで獲得されたことも考慮すると、クラブの抜け目のない戦略だったと評価できよう。



3位 内田篤人(出場:23 ゴール:0 アシスト:3)
シャルケ ← 鹿島アントラーズ - 130万ユーロ

この右サイドバックはお買い得だったことが証明された。始めは単にチームの中の一人として扱われていたが、この若いディフェンダーは印象的な活躍を見せており、ホークランドの復帰後も定位置を確保が予想される。


内田は移籍直後の数週間は苦しんだが、シーズンを通じて確実な成長を遂げ、最近のブレーメン戦ではMOMにも選出された。ゲルゼンキルヒェン(シャルケのホームタウン)での彼には輝かしい未来が待っており、UCL準決勝やドイツカップ決勝などのビックマッチも控えている。



2位 長友佑都(出場:9 ゴール:1 アシスト:0)
インテル ← チェゼーナ - レンタル

当初、シーズンの始めにFC東京からレンタル移籍でチェゼーナに渡ったのだが、あっという間に完全移籍を果たし、冬の移籍市場で王者インテルに獲得されている。


インテルでも実力の程は証明されており、数試合残った国内リーグ後の完全移籍達成も確かなものにした。サンシーロでワールドクラスの選手になれる素質をもった選手だ。



1位 香川真司(出場:17 ゴール:8 アシスト:1)
ドルトムント ← セレッソ大阪 - 30万ユーロ
セレッソ大阪からドルトムントに移籍したこの男の動きは、まばたきの間に見失ってしまうほどだ。この小さな攻撃的MFの獲得はさほど有名であったわけではないが、彼は掘り出し物であることを証明した。そして、優勝候補筆頭の地位を確かなものにする頃には、ドルトムントの心臓としての働きを見せている。
アジアカップでの怪我でチームに貢献できない日が続いたが、復帰も間近であり、この素晴らしい逸材に多くのビッククラブから視線が集まっている。



She Somewhere
6:57 PM Apr 21, 2011
まじかよ。香川が30万ユーロ?なんてこったい!

chappelle def jam
7:09 PM Apr 21, 2011
これはいいリストだ。この移籍を見るに、Jリーグが末端になっているね。日本代表は利益を享受しているかもしれないが、Jリーグのクラブは不利益を被っている。そしてもちろん、ヨーロッパも甘い汁を吸っているわけだ。

yoka uk
7:21 PM Apr 21, 2011
日本サッカー界は凄い時代を迎えたね。こんなにたくさん若く素晴らしいタレントが揃っている。

AVANTI Suisse
7:25 PM Apr 21, 2011
香川の移籍は本来、日本のファンを獲得するためのPR活動として計画されたものなんだ。だが、彼がこんなにも止められない選手になるだなんて、一体誰が予想出来たっていうんだ?いま怪我をしているってのが、凄く残念だ。

Kvyn Osaka
7:28 PM Apr 21, 2011
内田のアシストが3、安田が4。
彼らはDFだというのに、良い攻撃のスキルを持ってるよね。

Royal Blues Germany
7:36 PM Apr 21, 2011
ウシダが一番だ。

AJ US
7:44 PM Apr 21, 2011
ほとんど韓国人と日本人じゃねーかwww

hum earth
3:50 AM Apr 22, 2011
キソンヨンは09-10年のリストに入れるべきだろ。

ahmed aba zanjan
9:13 AM Apr 22, 2011
イラン人はどこだ?アジアのサッカーを築いたのは我々だぞ。
translator : chawanization




↓あなたの「クリック」で、蹴球雑感はもっと頑張れます。
   人気ブログランキングへ
関連記事
[ 2011/04/22 17:46 ] 翻訳・海外反応 | TB(0) | CM(8) このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

[ 12 ]

翻訳ありがとうございます!
[ 2011/04/22 20:12 ] [ 編集 ]

[ 13 ]

翻訳お疲れ様です

ところで本田は・・・ 不調なのかな?
[ 2011/04/22 20:30 ] [ 編集 ]

[ 14 ]

本田の移籍は前シーズンだからじゃない?欧州→欧州だし。
もちろん最近は活躍してないのもあるけど
[ 2011/04/22 20:59 ] [ 編集 ]

[ 15 ]

本田は活躍してないというより、ここんとこ怪我に悩まされてるよ。ちょっと酷使しすぎだ。
最近試合もあまり出ていない。出たとしてもほとんどボランチCHだな。10点とれば得点王争いのロシアリーグで良くやっていると思う。

[ 2011/04/23 00:23 ] [ 編集 ]

[ 16 ]

宮市って4アシストじゃなかったっけ
[ 2011/04/23 03:37 ] [ 編集 ]

[ 17 ]

確か1つはアシストに記録されなかった気がする
[ 2011/04/23 03:51 ] [ 編集 ]

[ 18 ]

内田は簡単に仕事こなしてるのにミスするとミスが目立つタイプ
簡単に仕事こなしてる部分が評価されにくかった。そこが不運だった
でも総合力でさらに成長したよな内田
[ 2011/04/23 12:20 ] [ 編集 ]

[ 20 ]

いや、そこの所、内田は現場では評価されてるよ。
だからこそシャルケというブンデスの強豪でもレギュラーなんだよ。
まぁ、同ポジに他に人材がいないというのもあるけど。
最近は空中戦や1対1にも強くなってきたね。
[ 2011/04/23 14:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watchfootball.blog59.fc2.com/tb.php/47-63f09809








アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。