スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

【翻訳】香川 ダービーで放った輝き

Shinji-Kagawa--006.jpg

英Guardian紙コラム
"Shinji Kagawa, the jewel in Borussia Dortmund's crown"の翻訳です。
今回は10月14日とかなり古い記事で、
香川が2得点を挙げたシャルケとのルールダービー直後の記事になります。


香川真司 ルールダービーで放った輝き
ドルトムントは昨夏、日本Jリーグからある選手を獲得した。
そして今、彼はダービーの星となったのだ。


香川は無名の選手としてドイツにやってきた。誤解を恐れずに言えば、二流選手としてであり、一握りぽっちの円で買い取られた。それはあたかもAldi(ドイツのディスカウントストア)で3インチの薄型テレビを27.99ユーロ(およそ3200円)で買うようなものである。シーズン前、彼はドルトムントの寿司バーで朝食を摂りながら、インタビューに応じていた。父は近畿日本鉄道で働いているだとか、ドイツの金髪女性が美しすぎるだとか。また、1989年生まれの人は日本ではへびの年とされ、「意思が強く、負けず嫌いで、逆境に強い」と説明してくれた。「ドイツにやってきた僕らは特別な日本人なんかじゃないです。」その日された唯一の突っ込んだ質問には、謙虚な姿勢で応じた。進歩的で、政治的に敏感な21世紀のタブロイド紙Bildさんだったら、「シンジ、一体どうやって君と内田を見分けたらいい?」などと聞いていそうなものだ。

しかし、香川がチームに合流して数週間経つと、チームメイトは既に彼がチームにもたらすものに気付いていた。香川がヨーロッパリーグでアゼルバイジャンのカラバグ・アグダムから2得点を挙げ、印象的なパフォーマンスを残すと、「香川はまるで天使のようにプレーをするね。」とシャヒンは語り、「素晴らしい補強だよ。」とキャプテンのケールは語った。また、移籍市場において、この突然の当たりを引くまで数年間鳴かず飛ばずだったスポーツディレクターのミヒャエル・ツォルク氏は「夏の頃にこいつは点を取るぞと言うと、周りから笑われたものだ。」としたり顔で話した。

今や誰もそれを笑うことはしない。香川真司(21)は35万ユーロで日本のセレッソ大阪からやってきた。その移籍金は大まかに言って、シャルケの新規獲得に充てられた支出額のおよそ100分の1である。その男が、ヴェルティンス・アレーナの地でスターになったのだ。




ドルトムントは強いプレスと軽快なパス回しで、ダービーマッチを完全に支配した。そして、3年ぶりの勝利を呼び込む大事な先制点は、香川の手によって演出された。香川はロイヤルブルーの守備陣を、服部半蔵の刀ごとく切り裂き、彼の足から放たれたシュートはベネディクト・ヘヴェデスの足をかすめると、ノイアーの守るゴールに吸い込まれていった。2点目は、彼がすっとシャルケゴール前まで走り込み、ブラシュチュコブスキーからのクロスに、芸術的に合わせることで決まった。「鮮やかで洗練された彼のプレーは、書道家によって描かれた金線細工を想起させる」と地元紙であるRuhr Nachrichtenは報じた。

試合前に彼はSport Bild紙のインタビューで、大胆にも自身の2得点を宣言していた。しかし、試合後の彼は謙虚そのもので、「この試合が重要なことは知っていた。」「仲間たちの喜ぶ姿を見られて最高だ。そして、この歴史的な勝利に貢献できたことが嬉しい。」と語っている。

シャルケDFのニコラ・プレスタンが60分過ぎに2度目の警告を受け退場になると、ドルトムントはこの日のホームチームにさらなる屈辱を与える。木曜日のカルパティーとの壮絶な打ち合いの末の勝利から中2日、ドルトムントは体力を温存しながらゲームを進め始めた。そしてその中で、香川に代わって入ったレヴァンドフスキがコーナーから3点目を挙げてしまう。フンテラールが残り数分でなんとか一矢報いたが、それまでだった。

一方、この日のドルトムントにとって、香川の"350,000"という数字は良い意味だけではなかった。チケットの50%の値上げに抗議した1604人のサポーターが、チケットの払い戻しを行ったと報じられている。そして、ここ数10年で初めて空席の出たダービーとなってしまった。チームの勝利を見逃してしまうことも、彼らの抗議の前には仕方なしということか。
(注:払い戻しされたチケットの総額が、"350,000"だと解釈しています。)

「9月19日というこの日に、このような試合で勝てたことは素晴らしい。」ドルトムントのReinhard Rauball氏はクラブ創立101年にも触れ「1年で最高の日になったよ。」とコメントを残した。


前エントリー【翻訳】数字から見える香川真司の凄さ【海外の反応】では、ビックリするほど多くの応援を頂きまして、本当にありがとうございました。
いくらでも記事を書いてしまいたいと思うくらいやる気が過剰分泌されていたのですが、ガス欠したら本末転倒ということで、ちょっとだけ日にちを空けてみました。

そして今回の記事ですが、少し古いものを選びました。出来る限り新鮮なものをお届けしたいのですが、ネタが尽きても困るので、バランス取りながらやっていこうかと考えております。どうぞご理解戴けると幸いです。
末筆にはなりましたが、本日もお越しいただき誠にありがとうございました。

[余談] 香川って司令塔?
英文のplaymakerという単語を直訳して「司令塔」と私は訳していますが、実際は「トップ下」以上の意味はないのかもしれません。どうなのでしょうか?今度時間を見つけて調べてみます。



応援クリックありがとうございます。
コメントも全て拝読させて頂いております。感謝です!
   人気ブログランキングへ
関連記事
[ 2011/05/16 20:03 ] 翻訳・海外反応 | TB(0) | CM(15) このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

[ 135 ]

面白かったです。
できれば岡崎の記事もお願いします。
[ 2011/05/16 21:38 ] [ 編集 ]

[ 136 ]

>面白かったです。
>できれば岡崎の記事もお願いします。

コメントありがとうございます。了解しました。
次のネタは既に決めちゃっているので、その次あたりで紹介できるよう、ネタ探してみます。
見つからなかったら、遅れるかもしれませんが、どこかで必ず紹介します。
[ 2011/05/16 21:41 ] [ 編集 ]

[ 137 ]

毎日チェックしてます。
まったりながーく頑張って下さい。
[ 2011/05/16 21:45 ] [ 編集 ]

[ 138 ]これからの

はじめまして、ぶぅと申します。

香川が復活しましたね。
これからの活躍が、とても楽しみです。
[ 2011/05/16 21:52 ] [ 編集 ]

[ 139 ]

そうそう、これ、監督が浮遊術使ったやつ。
ダービーは二点とも最高でしたよね。
「幸運」とか「努力」とかそんなんじゃなくて、
「あ、オレ入れますね」って感じで、
どうですかこの身のこなし足さばき。
(もちろんメンバーがいいってのもあるが)

管理人さんありがとよー。
本国記事も翻訳ソフトでたいてい読むんだけど、
ドイツ語→日本語は素っ頓狂だから、まとも訳は感謝。

で地元誌で準MVPだって。おめでとkagawa~!
[ 2011/05/16 23:09 ] [ 編集 ]

[ 140 ]

あ、元記事英国かいな。すまそ。
しかしsushi云々ってどの国でも登場するね。
[ 2011/05/16 23:11 ] [ 編集 ]

[ 141 ]

やっぱり出だしが良かったのと、このダービーでのドッペルがその後一気に波に乗れた要因としてデカイだろうな
[ 2011/05/16 23:16 ] [ 編集 ]

[ 142 ]

来シーズンはシャヒンが居ないので、香川にかかる期待も一段と上がると思われるけど、頑張って欲しいね。
あと、岡崎選手の記事もお願いします。
[ 2011/05/16 23:21 ] [ 編集 ]

[ 143 ]

ドイツ人女性が美しすぎる・・・だと・・・
[ 2011/05/16 23:40 ] [ 編集 ]

[ 144 ]playmakerはプレイスタイル

日本でいうゲームメーカーと同じ意味。
選手のプレイスタイルでポジションの名称ではなかったはず。
香川はシャドーストライカーなわけで。もしかしてシャドーストライカーって和製英語?

最近のゲームメーカー=プレイメーカーは下がり気味のポジションだからシャドウストライカーもゲーム組み立てる時もあるしなぁ・・・。
[ 2011/05/17 00:01 ] [ 編集 ]

[ 145 ]

金髪女性のくだりは捏造らしいけどなw
[ 2011/05/17 00:09 ] [ 編集 ]

[ 147 ]

岡崎入ってからシュツットガルト変わったのにあまり記事が
ないんだよね。一部残留の立役者だと思うのに。

来年のドルトムントのCLは楽しみ過ぎて困る。

[ 2011/05/17 00:16 ] [ 編集 ]

[ 148 ]

いつも楽しく拝見してます。
また香川の翻訳してくれると
嬉しいです☆

来季はシャヒンが居なくなるので、
チームがリーグ&CLで成功する為には、香川とゲッツェの共存が今季以上に
必要になってくるでしょうね。
ドイツのゴールデンコンビと言われるこの2人ならやってくれるでしょう!
[ 2011/05/17 02:56 ] [ 編集 ]

[ 149 ]

playmakerは日本だとボランチの選手とか
いわゆるゲームを組み立てる選手のことを言う場合が多いですが
ヨーロッパですとそれだけではなく、試合を決定付ける選手
あるいはチームの核、中心選手だったり
割と広義な使われ方をするようなイメージがありますね。
[ 2011/05/17 07:13 ] [ 編集 ]

[ 150 ]

ヨーロッパではセンターとかセントラルじゃないかな?
ボランチの選手は
日本ではボランチの選手はどんなスタイルであれボランチであってプレイメーカーとは呼ばれてる記憶はない
[ 2011/05/17 10:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watchfootball.blog59.fc2.com/tb.php/67-0dc89ad1








アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。