スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

【コラム翻訳】日本サッカーの最終兵器 南野拓実

1425020_FULL-LND.jpg
FIFA U-17 World Cup Mexico 2011の特集記事
Takumi Minamino, Japan's lethal weapon
を翻訳しました。


日本の最終兵器 南野拓実

スペイン代表、バルセロナのストライカーであるダビド・ビジャの熱狂的ファンは数え切れないほど存在する。しかし、公然と、そして現実的な立場からビジャのチームメイトを目指すものは殆どいないのではないか。この壮大な野望は明確な目標として、U-17日本代表FW南野拓実が自分自身に設定したゴールである。

この16歳がFIFA.comの独占インタビューに応えてくれた。

「ビジャは僕のアイドルで、バルセロナは自分の大好きなチームです。」
「いつか彼らと一緒にプレーし、バルセロナの主力になりたいと思っています。」

野心的な南野の目標は、昨年10月に行われたU-16アジア大会において、彼が披露した目を奪うようなプレーを見ていれば、望みのない目標だとして無下にしてしまうことは出来ないだろう。このセレッソ大阪の有望株は、オーストラリアのJesse Makarounas、ウズベキスタンのTimur Khakinovと並ぶ5得点で大会得点王になり、日本をベスト4に導き2011メキシコU-17W杯出場権を得ている。

彼はベトナムとの初戦の前後半それぞれで得点を挙げ、自信に満ちたそのプレースタイルで自分の価値を証明してみせた。吉武博文監督が主力数名を温存した東ティモール戦では、終了3分前にチームを救う貴重な決勝点を決めた。

ベンチで終えた0-0のオーストラリア戦の後も、日本の背番号9は好調を維持し、準々決勝のイラク戦では今大会2回目となる2ゴールの活躍で、チームの3-1の勝利に貢献した。大会王者となった北朝鮮との試合では無得点に終わり、チームも1-2の敗北を喫しながらも、南野は自身がアジアユース年代のスターであることを示してみせた。

南野の凄さは、その驚異的な得点能力の高さのみならず、見る者を唸らすゴールの決め方にある。彼が真価を見せたのはイラク戦だ。堀米悠斗とのパス交換からエリア内に侵入し、相手DFの網をすり抜けゴールに流し込んだ。





「DFラインの裏を取るのは得意なんです。」
「エリア内でボールを受けてシュートを打つ形も好きですね。より上達するために、ビデオでスター選手の動きを学び、自分のプレーに活かしています。チーム練習の前と後に、自分で練習するんですよ。」

アジアで力を証明したゴールスコアラーはいま、世界の舞台での活躍を期している。
「2011年メキシコ大会の得点王になって、優勝したいですね。」
そう彼は付け加えた。

■背中で引っ張るタイプ

南野は素晴らしいパフォーマンスをすることで、日本のエースとしての地位を確立した。
「南野は自分の目標に対し常にひたむきで、他のチームメイトの模範になっている。」
「ピッチ上での彼は、常にゴールに飢える日本の最終兵器だ。」と監督は語っている。

個人技よりもチームプレーを重視する吉武監督だが、チームに揃う多様なタレントたちに今大会への自信を覗かせている。
「このU-17W杯に辿りつくまで2年と3カ月が掛かっている。そのプロセスの中で、多くの才能ある若者たちが成長をしてきた。南野を中心とした攻撃陣、望月嶺臣がコントロールする中盤、岩波拓也が統率するDFライン、そして我々のゴール前には中村航輔が控えている。」

今まさに花開かんとする新星の台頭に、吉武監督は新たに歴史を作っていくことに自信を深めている。
「我々はファイナリストを目指している。」
「選手たちには自信を持って、大会を楽しんでもらいたい。そして、決勝に行きたいね。」

Watch minamino in People & Blogs  |  View More Free Videos Online at Veoh.com
南野拓実 U-16アジア大会 全ゴール(リンク先 veoh)


本日も皆様最後までお付き合い戴きまして、ありがとうございます。
さて、代表サポーターにとっては、コパアメリカ辞退ということで少し淋しい夏を迎えますが、6/18よりU-17W杯が開幕されます。日本はグループB<日本・ジャマイカ・フランス・アルゼンチン>に入り、なかなか厳しい組に入ってしまいました。しかし、その一方でどれだけ日本の若い世代が通用するか非常に楽しみでもありますね。興味のある方は是非、この大会も注目してみて下さい。


メキシコ人はなぜハゲないし、死なないのか

コラム翻訳とはちょっと違いますが、明日も更新します。
紙の上での翻訳は終わっているので、後は打ちこむだけです!
人気ブログランキングへ   
関連記事
[ 2011/05/27 20:15 ] 翻訳・海外反応 | TB(0) | CM(8) このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

[ 188 ]

南野はもちろん、他の日本選手、そして相手のテクニカルな動きには本当に驚かされる。

ここ数年は国籍関係なく、どの国にも必ず才能を感じさせるプレーヤーがいる。いよいよ大陸間のレベル差がなくなる時代が近づいてると思うとワクワクするなぁ。

夏はJリーグがあるじゃない!
[ 2011/05/27 21:28 ] [ 編集 ]

[ 189 ]

セレッソは香川や家長の活躍で海外にも名が知られてるから、しっかりマークされてそうだね

それにしても宮市と南野が前線で並んだらもはや漫画の世界だなw
[ 2011/05/27 21:39 ] [ 編集 ]

[ 190 ]

翻訳お疲れ様でした!
南野拓実選手良いですね。
[ 2011/05/27 22:19 ] [ 編集 ]

[ 191 ]管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/05/27 22:49 ] [ 編集 ]

[ 192 ]

>管理人のみ閲覧できます
ネタの投稿ありがとうございます!是非参考にさせていただきます。
[ 2011/05/27 23:04 ] [ 編集 ]

[ 193 ]管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/05/27 23:20 ] [ 編集 ]

[ 194 ]

なんだろう全然似てないのに前田とかぶる
[ 2011/05/28 00:19 ] [ 編集 ]

[ 195 ]

南野は上に杉本、永井、小松がいるから試合出るの大変やで
[ 2011/05/28 00:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watchfootball.blog59.fc2.com/tb.php/73-752788f0








アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。